最後の手段は自己破産、そうなる前になんとかしたい

債務整理の方法にはいろいろありますが、その中でも自己破産と呼ばれる方法については借金を返済することができなくて困った場合に適用するもので借金を無かったことにすることができる唯一の方法になります。
任意整理や特定調停などは借金を返済することが最終的な目的になっているので、目的そのものが全く違っているのが特徴になっていますが、自己破産をすることによってさまざまな制約を受けることになるので、可能であれば任意整理などの債務整理で借金整理を進めるのが望ましいと言えるでしょう。

また、任意整理でも過払い金などが発生している場合はそれを取り返して借金返済に充てることによって借金問題を直接的に解決することができるような場合もあるので、まずは過去の借り入れを振り返ってみて払い過ぎたお金がないかということをチェックしましょう。
任意整理が難しい場合でも安定した収入があるのであれば個人再生による借金整理をするのがおすすめで、これによって借金の一部を大幅に減額することができますが、住宅や車が没収されてしまうことはありません。
いろいろな方法で借金の問題は解決することができるようになっているので、自己破産は最終手段と捉えることも必要ですが、自己破産以外の債務整理についてはどれも収入があることが前提となっているので、病気などで働くことができない場合については自己破産の債務整理以外の道は残されてないので破産の手続きをすることになります。

自己破産の間違った知識

借金をする以上はきちんと自覚を持って返済することがマナーだと言えますが、返済期間が長くなってくると途中で金利が上がって返済の負担が増えてしまうことや転職で収入が少なくなること、正月 かに 通販などの食事も楽しみにくくなってしまったり、他にも支出が増大することによって負担も一緒に増えてしまうなどの状況に陥ることもあります。

そうならないためにも日頃からきちんと対策を考える必要がありますが、もし返済することができなくなった場合は任意整理などの債務整理が用意されているので、金融機関の催促に対して無視をするのではなくきちんとした対応を心がけることが必要です。
任意整理や特定調停などは住宅や車が没収されることがなくブラックリストに名前が入るだけなのでデメリットはそこまで高くありませんが、これが自己破産になってくると財産が没収されてしまうことになるので負担はそれに応じて大きくなってしまいます。

できれば任意整理で解決したいところですが、安定した収入がない場合は自己破産以外の選択肢を使うことができないので破産の手続きを進めていくことになります。
自己破産をしてしまうといろいろな財産が無くなってしまいますが、再起を図るための方法であるため、自己破産をしたからと言って人権が認められないわけでは一切ありません。
また、ローンを組むことはできなくなりますが将来的に働いて収入を得ることはできます。
職業制限などもありますが、一定期間が経過すると制限は解除されるので就くことが可能になります。